彩り二色ハナショウブ 6品種1万株、土岐市で見頃

2019年06月08日 08:59

見頃を迎えているハナショウブ=土岐市泉町久尻、織部の里公園

見頃を迎えているハナショウブ=土岐市泉町久尻、織部の里公園

 岐阜県土岐市泉町久尻の織部の里公園で、ハナショウブが見頃を迎えている。管理する市文化振興事業団によると、今月中は紫と白の花が楽しめるという。

 公園内の菖蒲(しょうぶ)園に6品種の計約1万株が植えられ、地域の名所として地域住民に親しまれている。来場者の女性が美しく咲く花々に見入っていた。

 8日午前10時~午後3時に、同事業団による茶会と野だてが開かれる。茶会は園内の茶室「暮雪庵」で1服500円、野だては1服300円。市観光協会が初出店し、ようかんやハチミツなどの同協会推奨品のほか、五平餅の販売が行われる。


カテゴリ: おでかけ