FC岐阜1ゴールでボール10個寄贈 日本特殊陶業がプロジェクト

2019年06月14日 08:23

子どもたちに贈呈されるボールを手にするギッフィー=岐阜市長良福光、長良川競技場

子どもたちに贈呈されるボールを手にするギッフィー=岐阜市長良福光、長良川競技場

 サッカーJ2・FC岐阜とクラブのスポンサーの日本特殊陶業(名古屋市)は、1得点につき10個のボールを県サッカー協会に寄贈する「GIFUTO10BALLプロジェクト」を実施している。今季終了後に、県サッカー協会を通して県内の第4種(12歳未満)のチームに届けられる。

 ボールにはクラブのエンブレムなどをデザイン。今季最終戦の11月24日の東京V戦までのゴール数が対象で、オウンゴールは含まない。8日の第17節終了時点で12得点を挙げ、送られるボールは現在120個。寄贈式と贈呈式は後日行われる。


カテゴリ: FC岐阜