詐欺疑い岐阜大職員を再逮捕

2019年06月14日 08:29

 岐阜北署は13日、詐欺の疑いで、羽島市下中町、岐阜大職員の容疑者(28)=窃盗罪などで公判中=を再逮捕した。逮捕は3回目。

 再逮捕容疑は2017年12月、大学のトイレに設置する名目で温水洗浄便座3個(計19万4400円)を瑞穂市の建築設備工事会社に注文し、だまし取った疑い。

 署などによると、3個とも転売したという。大学施設を管理する部署に所属しており、1人で発注していた。

 容疑者は同大の教官室から預金通帳を盗み、現金を引き出したなどとして今年1、2月に逮捕されている。


カテゴリ: 事件・事故

関連記事