ご当地自慢の味共演 関市でグルメ大会

2019年06月17日 08:17

ご当地グルメを求める多くの人でにぎわう会場=関市本町

ご当地グルメを求める多くの人でにぎわう会場=関市本町

 岐阜県関市や近隣市などが誇る地元の味を集めた「関の刃物とまちおこし ご当地グルメ大会2019」が16日、関市本町の本町通り商店街一帯で開かれ、各地の自慢の味を楽しむ家族連れらでにぎわった。

 関商工会議所が、地元の特産品のPRと商店街を活性化しようと開催。中濃地域の市や、関市の姉妹都市・富山県氷見市などからの32の模擬店が軒を連ねた。

 関からあげ学会の「黒からあげ」や、関市産の鮎を使った「稚鮎唐揚げ」など定番商品のほか、関牛乳を使った「関ミルクサイダー」や「関"飲む"牛乳カレー」など趣向を凝らした品々にも、来場者が長い列をつくっていた。

 また各店頭ではアレルギー表示を掲示したほか、スマホ決済サービス「ペイペイ」が利用できるようになり、来場者の利便性が向上し好評だった。


カテゴリ: くらし・文化 グルメ