突風で屋根吹き飛ぶ 岐阜市と岐南町、5棟被害

2019年06月28日 08:18

突風で屋根が飛び、ブルーシートがかぶせられた物置(左手前)=27日午後6時30分、岐阜市手力町

突風で屋根が飛び、ブルーシートがかぶせられた物置(左手前)=27日午後6時30分、岐阜市手力町

 27日午後2時40分ごろ、岐阜市と羽島郡岐南町で突風が発生し、物置の屋根が吹き飛ぶなど建物5棟に被害があった。けが人はいなかった。

 県などによると、岐阜市手力町で物置の屋根が吹き飛んだほか、同市蔵前と水海道の民家3棟で屋根瓦の一部がはがれた。岐南町三宅の民家でも屋根瓦が吹き飛ぶ被害があった。岐阜市蔵前に住む70代の女性は「バキバキとものすごい音が聞こえ、外を見るとトタン板などが高く巻き上がっているのが見えた」と話していた。

 岐阜地方気象台によると、発生当時、岐阜市周辺で積乱雲が発生し、強い雨が降るなど大気が不安定な状態だったという。気象台は午後3時52分、美濃、飛騨の両地方に竜巻注意情報を出した。28日朝、気象台職員が竜巻の可能性も含めて現地を調査する。


カテゴリ: 社会