撮り鉄の技吸収しよう 写真家の石黒さん、7日トーク会

2019年06月29日 08:59

鉄道トーク会への参加を呼び掛ける石黒義章さん(右)と新宮正紀さん=岐阜市徹明通、鉄道カフェ「はるか」

鉄道トーク会への参加を呼び掛ける石黒義章さん(右)と新宮正紀さん=岐阜市徹明通、鉄道カフェ「はるか」

 岐阜市徹明通の鉄道カフェ「はるか」で7月7日午後5時から、鉄道写真家の石黒義章さん(46)=北方町=が鉄道写真を上手に撮る方法などを伝授する鉄道トーク会が開かれる。

 石黒さんは新幹線からローカル線、SLまで全国各地の鉄道写真や鉄道風景写真を撮り、「鉄道ダイヤ情報」や「鉄道ファン」などの鉄道専門誌、時刻表、鉄道図鑑などに写真や記事を掲載している。

 石黒さんの鉄道トーク会は同店の名物で9回目。石黒さんが写真撮影のポイントのほか、県内のローカル線・樽見鉄道についてトークする。また、古い時刻表に載っていた特急食堂車の料理を同店のマスター新宮正紀さん(46)が弁当にして再現し、提供する。参加費は弁当・飲み物付きで1人2500円。

 同店では常連客らから募る鉄道写真展を7月6日から始める予定で、今回は貨物列車がテーマ。鉄道トーク会では石黒さんが作品の講評を行う。問い合わせ・申し込みは同店、電話058(265)7281。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化

関連記事