ネット購入した食品で体調不良 県内の30代女性

2019年06月29日 08:33

女性が購入した健康食品(県提供)

女性が購入した健康食品(県提供)

 岐阜県は28日、健康食品としてインターネットを通じて購入したカプセルを飲んだ県内在住の30代女性が動悸(どうき)などの体調不良を訴え医療機関を受診したと発表した。医薬品成分が含まれているとみられ、県は分析を進めている。

 県薬務水道課によると、商品名は「Golean DETOX」。女性は会員制交流サイト(SNS)を通じ、ダイエット目的で購入したとみられる。飲み始めてから5日ほどたった頃に動悸や口の渇き、むかつきを感じたという。女性が25日、保健所に連絡した。

 米国食品医薬品局(FDA)が今年1月、同名商品の摂取を控えるように注意喚起している。日本国内で未承認のシブトラミンと、かつては下剤に使われていたが、発がん性が指摘され現在は使われていないフェノールフタレインが含まれている。

 国内で同名商品を飲んだことによる健康被害の報告は初めてという。同課は「購入していても絶対に飲まず、体調が悪くなったら医療機関を受診してほしい」と呼び掛けている。


カテゴリ: 社会