茅葺き民家背に情熱のフラメンコ

2019年06月29日 16:21

 動画投稿サイト「ユーチューブ」でフラメンコと日本を世界にPRするプロジェクト「日本に恋した、フラメンコ」(岐阜新聞社、岐阜放送など後援)の撮影が29日、高山市上岡本町の集落博物館「飛騨の里」であり、茅葺(かやぶ)き民家をバックに和装の女性ダンサーがフラメンコを踊った。

 プロジェクトは、フラメンコダンサーの永田健さん(45)=東京都=が企画。永田さんは47都道府県ごとの名所で、和装のダンサーが踊る動画を撮影してまとめ、年末に公開する予定。岐阜県には34番目に訪れた。

 市内の大沢玉紀フラメンコ教室が協力。講師の大沢さんと生徒13人が、旧富田家(県重要文化財)前などで、フラメンコ曲「セビジャーナス」に合わせて情熱的に踊った。

 大沢さんは「浴衣と草履という格好で踊るのは大変だったが、生徒は頑張ってくれた。動画を通じてフラメンコ人気が高まればうれしい」と話した。


カテゴリ: くらし・文化 動画