偽ブランド服販売疑い フィリピン国籍の女逮捕

2019年07月03日 08:33

 岐阜県警加茂署などは2日、商標法違反の疑いで、フィリピン国籍で加茂郡八百津町八百津の無職の女(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月15日ごろ、埼玉県の女性に対して、「ヘンリー」ブランドと偽ったセーターなど計2点を3400円で販売し、商標権を侵害した疑い。

 署によると、昨年10月にフルカワ容疑者の関係者から署に情報提供があった。5月に自宅を捜索したところ、「シャネル」などのブランド品と偽ったTシャツや化粧品など27点を販売目的で所持していた。署は入手経路などを調べる。


カテゴリ: 事件・事故