高山プリン亭、雪国シリーズ新商品 イチゴ味など3種類

2019年07月05日 08:23

「大雪プリン」(中央)など3種類の新商品=高山市上三之町、高山プリン亭

「大雪プリン」(中央)など3種類の新商品=高山市上三之町、高山プリン亭

 岐阜県高山市上三之町のプリン専門店「高山プリン亭」は、特別な白い卵黄を使ったプリンの「雪国シリーズ」新商品3種類を、5日から順次発売する。

 4月に古い町並み近くにオープンしたプリン亭は、飛騨駄菓子製造販売「打保屋」(同市久々野町)が運営。これまで、ラムネ味の青いジュレと白いプリンで2層になった看板商品「雪国プリン」など3種類を取り扱ってきた。

 新商品は、5日発売の「大雪プリン」(400円)、12日発売の「雪国珈琲(コーヒー)プリン」(430円)、19日発売の「雪国いちごプリン」(450円)。

 大雪プリンは白いプリンを全体に使用。雪国珈琲プリンは、自家焙煎(ばいせん)コーヒー専門店「緑の館yakata coffee高山店」=同市=が特別にブレンドした苦味あるコーヒーのゼリーを、白いプリンの上にのせた。雪国いちごプリンは、甘酸っぱいイチゴゼリーが白いプリンにのる。

 打保雅俊社長(48)は「濃厚な白いプリンの雪国シリーズを高山スイーツの定番にしたい」と話している。


カテゴリ: グルメ