垂井町で投票用紙交付漏れ

2019年07月15日 08:36

 岐阜県不破郡垂井町選挙管理委員会は14日、町役場で同日行われた参院選の期日前投票で、有権者1人に比例代表の投票用紙を交付し忘れるトラブルがあった、と発表した。

 比例代表と選挙区のそれぞれの投票用紙交付係が、交付した投票用紙の枚数が合わないことに気が付いた。比例代表の交付数が選挙区より1枚少なく、この有権者は選挙区のみに投票して会場を後にしたらしい。

 同日午前10時45分から同11時までの間とみられ、当時、会場は混雑していたという。

 町選管は「今後はこのような事案を防ぐため細心の注意を払うよう徹底する」としている。有権者の特定はできていないという。


カテゴリ: 政治・行政 社会