ミスコンで「陶磁器の土岐市」発信 上位3人に美濃焼トロフィー

2019年07月18日 08:46

グランプリを獲得した湊谷亜斗林さん(左)に美濃焼のトロフィーを贈る加藤淳司市長(中央)ら=横浜市中区

グランプリを獲得した湊谷亜斗林さん(左)に美濃焼のトロフィーを贈る加藤淳司市長(中央)ら=横浜市中区

 ミス・グランド・ジャパン2019が16日夜、横浜市であり、青森県出身の会社員湊谷亜斗林さん(24)がグランプリに輝いた。湊谷さんら上位3人に土岐市の美濃焼トロフィーが贈られた。

 世界的なミスコンテストの一つ「ミス・グランド・インターナショナル」の日本代表を決める大会。美濃焼の魅力を発信しようと、土岐市は昨年からトロフィーを提供している。今年は、公募により同市の陶芸家アサ佳さん(34)の作品が選ばれた。

 プレゼンターの一人として加藤淳司市長が出席し、トロフィーを湊谷さんに手渡した。加藤市長は「土岐市は陶磁器の食器生産量日本一だが、素晴らしいトロフィーもできるという質もアピールしたい」、アサ佳さんは「トロフィーは角度によって見え方が違う。短所を強みに変えてほしいというメッセージを込めた。焼き物の可能性を見せることができれば」と語った。

 大会には、予選を通過したファイナリスト29人が出場。世界大会は10月にベネズエラで開催される。


カテゴリ: くらし・文化 社会