準備万端、のぼり旗でアピール あす関ケ原ナイトと花火大会

2019年07月19日 09:10

のぼり立てなどの準備が進む関ケ原ナイトのイベント会場=関ケ原町関ケ原、笹尾山駐車場

のぼり立てなどの準備が進む関ケ原ナイトのイベント会場=関ケ原町関ケ原、笹尾山駐車場

 1600年の関ケ原の戦いの舞台となった古戦場の魅力を伝えるイベント「関ケ原ナイト2019」(岐阜県、不破郡関ケ原町主催)と関ケ原花火大会(岐阜新聞社主催)が20日、同町関ケ原の笹尾山駐車場一帯で行われる。

 関ケ原ナイトでは午後7時40分から朗読劇を上演。西軍の武将、大谷吉継をテーマにした「野外朗読音楽絵巻『吉継』」が女優の竹下景子さんの朗読などにより繰り広げられる。

 朗読劇に続いて、同8時40分から花火大会が始まる。20分間に約3千発の花火が夜空を彩る。

 チケットは既に完売したが、無料の立ち見席があり、同5時30分から整理券を配布する。隣接する笹尾山グラウンドでは、大型モニターでステージを映し出すほか、県内外のご当地グルメが楽しめる「関ケ原古戦場夜市」が開かれる。

 イベントでは、石田三成との友情を貫き、不利と知りながら西軍に参戦した吉継の奮闘と死を描く朗読劇を上演する。朗読は竹下景子さん。俳優関口まなとさんの案内で、声楽家城宏憲さんの歌唱や役者たちの演技とともに感動の舞台を繰り広げる。

 笹尾山に設置したステージには映像が投影され、戦国時代の雰囲気が再現される。劇は花火の打ち上げによるエンディングから、花火大会へ。「天下分け目の花火」「日本の名刀」など、関ケ原合戦にちなんだスターマインが夜空を彩る。

 関ケ原古戦場夜市では、ソバの実入り五平餅、家紋を描いたラテなど、町内を中心とした出店もあり、子どもから大人まで楽しめる。

 関ケ原ナイトの問い合わせは同イベント事務局、携帯電話070(1353)5580。


カテゴリ: おでかけ