「坪内逍遙」公用車お披露目 美濃加茂市

2019年07月22日 18:00

 岐阜県美濃加茂市出身の近代文学の先駆者坪内逍遙をイメージした市長公用車が22日、お披露目された。フロントグリル下に施したトレードマークのひげのデザインが目印。伊藤誠一市長が逍遙に扮(ふん)して登場し=写真=、今年の逍遙生誕160年をアピールした。

 新市長車はシティープロモーションの役割も担う軽ワゴン車。逍遙が愛用した和服の色や、代表作「小説神髄」の表紙に使われたモスグリーンの車体色に、逍遙のイラストや市のロゴなども白色で配した。ナンバーは逍遙の生まれ年にちなんで「1859」とした。

 市役所で開いたお披露目会で、文豪の雰囲気たっぷりの伊藤市長は「新たな相棒『みのかも逍遙号』と各地を動き回りたい」と生誕の地をPRした。


カテゴリ: 動画 政治・行政