野菜不足解消へ「冷し鶏塩ラーメン」販売 清流里山公園

2019年07月28日 08:38

野菜たっぷりの冷し鶏塩野菜ラーメン。ご飯、みそ汁などが付く

野菜たっぷりの冷し鶏塩野菜ラーメン。ご飯、みそ汁などが付く

 8月の「野菜ファースト強化月間」に合わせ、岐阜県可茂保健所は管内の飲食施設とコラボし、野菜たっぷりメニューを提供するなどのイベントを展開している。美濃加茂市山之上町のぎふ清流里山公園の「農家レストランやまびこ」では「冷し鶏塩野菜ラーメン」を開発し、8月31日まで期間限定で提供している。

 県民の7割が野菜不足のため、県が野菜摂取日本一を目指して昨年度に始めた「清流の国ぎふ野菜ファーストプロジェクト」の一環。本年度から8月を「野菜ファースト強化月間」と位置付け、啓発活動を強化している。

 同公園内の「農家レストランやまびこ」が提供を始めた「冷し鶏塩野菜ラーメン」は、レタスやナス、パプリカなどの野菜130グラムがたっぷり入っている。野菜の色合いが食欲をそそり、さっぱりとした味わいが特徴だ。ご飯、みそ汁、ドリンクバーが付いて1100円。

 「tunag cafe」では、ホウレンソウ50グラムが入った「グリーンスムージー」(500円)を提供している。

 同保健所の安江亜希技術主査は「外食でも野菜がたくさん食べられるメニュー。生活習慣病の予防のため野菜をたくさん取ってほしい」と呼び掛ける。

 そのほか、白川町、七宗町の道の駅でも、野菜たっぷりメニューの提供や野菜摂取の重要性を啓発するイベントを実施している。


カテゴリ: グルメ 医療