岐阜市でペット販売店火災 犬や猫30匹超死ぬ

2019年08月03日 08:21

犬や猫計30匹以上が火災で死んだ「ペットショップあみん」=2日午後4時10分、岐阜市八代

犬や猫計30匹以上が火災で死んだ「ペットショップあみん」=2日午後4時10分、岐阜市八代

 2日午前5時30分ごろ、岐阜市八代の「ペットショップあみん」が燃えていると、隣に住む経営者の親族から110番があった。木造2階建ての店舗延べ約110平方メートルのうち約80平方メートルを焼き、約1時間後に消えた。けが人はいなかったが、店の1階にいた犬と猫計30匹以上が全て死んだ。

 岐阜北署や親族によると、店は出火当時無人で、経営者の母親が店を確認した同日午前1時ごろは異常がなかった。1階奥の燃え方が特に激しかったという。署で出火原因を調べている。

 経営者の母親は「起きた時にはもう火が上がっていた。もう少し早く気が付いていれば助けられたかもしれない。かわいそうなことをした」と涙ぐみながら語った。


カテゴリ: 事件・事故 社会