田んぼアート「令和」くっきり 恵那市山岡町

2019年08月07日 08:00

見頃を迎えた「田んぼdeアート」=恵那市山岡町

見頃を迎えた「田んぼdeアート」=恵那市山岡町

 田んぼにイラストを浮かび上がらせる「田んぼdeアート」が岐阜県恵那市山岡町の田んぼで見頃を迎えた。元号の令和の文字とともに恵那市のマスコットキャラクター「エーナ」の絵柄がくっきりと浮き出ている。

 うるち米や古代米、食べられないアート米など、稲の種類の違いを駆使して絵柄を仕立てた。

 地元の40、50代の住民有志20人でつくるまちづくりグループ「山岡元気プロジェクト」が6月、地元の中学生らに参加を呼び掛け、明知鉄道沿線の田んぼに田植えを行っていた。

 恵那市山岡振興事務所によると、8月末まで楽しめそうという。近くのイワクラ公園の展望台から全景を眺めることができる。


カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース

関連記事