「パークマーケット」試験開設 各務原市学びの森エリア

2019年08月09日 08:57

家族連れでにぎわう「かかみがはらパークマーケット」の会場=各務原市那加雲雀町

家族連れでにぎわう「かかみがはらパークマーケット」の会場=各務原市那加雲雀町

 岐阜県各務原市中心部のにぎわい創出に向けた社会実験として、学びの森エリアにある同市那加雲雀町の那加福祉センター・勤労会館駐車場に飲食や雑貨の店舗が出店する「かかみがはらパークマーケット」が行われており、市内外の家族連れでにぎわっている。

 市が民間と連携して、2021年3月までに飲食店などの商業施設やイベント広場などを同所に整備する計画を前に、社会実験としてマーケットを開いた。来場者数や売り上げの状況などを公表し、今年10月の民間事業者公募の際に参考にしてもらう。

 会場では、かき氷や手作りの焼き菓子、カレーライスなどの飲食のほか、手作りのアクセサリーや雑貨など、こだわりの品を販売する約15店舗が出店。本巣市から家族で訪れた女性(33)は「座って食べられる場所もあって家族で過ごしやすい」と話していた。

 マーケットは9日までと21~27日のいずれも午前9時から午後9時まで開催。出店する店舗は日替わりとなる。


カテゴリ: おでかけ グルメ