中京院中京が初戦突破 北照に4ー3

2019年08月11日 16:01

中京院中京×北照=7回裏中京院中京2死二塁、藤田が勝ち越し左前打を放つ=甲子園

中京院中京×北照=7回裏中京院中京2死二塁、藤田が勝ち越し左前打を放つ=甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第6日は11日、甲子園球場で2回戦4試合を行い、3年ぶり7度目出場の岐阜県代表・中京学院大中京は、第3試合で北照(南北海道)を4―3で下し、3回戦に進出した。県勢の3回戦進出は2010年の土岐商以来9年ぶり、中京としては17年ぶりのベスト16入り。

 1点を追う七回、申原愛斗の適時二塁打で同点とすると、主砲藤田健斗の左前適時打で勝ち越し。小田康一郎、井上槙士も適時打を放ち、一挙4点を奪った。先発のエース不後祐将から長身右腕赤塚健利、2年生の大器・元謙太へとつないで反撃をかわした。

 中京は、第10日の15日第2試合(午前10時30分開始予定)で東海大相模(神奈川)と3回戦を戦う。


カテゴリ: 高校野球