高山線列車、落石に衝突 白川口―上麻生間

2019年08月24日 07:49

落石に衝突し、線路上に停車した列車=23日午後11時16分、加茂郡七宗町上麻生

落石に衝突し、線路上に停車した列車=23日午後11時16分、加茂郡七宗町上麻生

 23日午後8時50分ごろ、岐阜県加茂郡七宗町上麻生のJR高山線白川口(同郡白川町)―上麻生(七宗町)間で、高山発美濃太田行き普通列車(2両編成)が落石に衝突した。加茂署によると、乗客乗員17人にけがはなかった。

 JR東海や同署によると、約1時間前に前の列車が通過した後、線路脇の斜面から落石を含む土砂が流入したとみられる。石は縦80センチ、横50センチ程度だったという。乗客は現場付近に同社が手配したタクシーに乗り換えた。

 高山線は下麻生(同郡川辺町)―白川口間で運転を見合わせた。


カテゴリ: 事件・事故