脱輪した車救助中下敷きになり死亡 美濃市、81歳男性

2019年08月28日 08:23

 27日午前9時10分ごろ、岐阜県美濃市中央の市道で、同市の男性(81)の軽トラックが脱輪し、助けようとした同市の無職兼松利夫さん(81)が作業中に車の下敷きになった。兼松さんは市内の病院に搬送されたが、外傷性ショックのため約3時間後に死亡した。

 関署によると、現場は中央線のない見通しのいい直線道路。男性は現場近くの畑に向かう途中、左側のタイヤを高さ80センチの斜面側に脱輪した。知人の兼松さんが元に戻そうとした際、斜面を滑り落ちてきた車の下敷きになった。


カテゴリ: 事件・事故 社会

関連記事