信長まつりにマイケル富岡さん 光秀役で武者行列

2019年08月29日 07:59

 岐阜市中心部一帯で10月5、6の両日開かれる第63回ぎふ信長まつりのメイン行事「信長公騎馬武者行列」に、明智光秀が初めて登場する。光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が来年放送されるのに合わせ、実行委員会が決めた。

 光秀役を務めるのは、1992年放送の大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」で光秀を演じたタレントのマイケル富岡さん。当時、市内に撮影用のオープンセットが設けられ、富岡さんも来訪した。

 公募で選ばれた市民ら総勢約200人が武将姿などで練る6日の行列では、富岡さんが特注の衣装を着て馬に乗って出演。同市若宮町の歩行者天国特設ステージでのトークショーもあり、光秀を演じた際の思い出や来年のドラマへの期待などを語ってもらう。

 同ステージでは、昨年のまつりで織田信長を演じたボーイズグループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」メンバーの永田薫さん(岐阜市出身)と、市が都市間交流協定を結ぶ富山市の特別副市長を務めるタレント柴田理恵さんによるトークショーも行われる。


カテゴリ: おでかけ エンタメ