中京院大、中部院大4連勝 東海大学野球秋季岐阜リーグ

2019年09月02日 07:10

岐阜大×中京学院大=5回表中京学院大無死、左越えソロを放ちハイタッチを交わす馬場=長良川

岐阜大×中京学院大=5回表中京学院大無死、左越えソロを放ちハイタッチを交わす馬場=長良川

 東海地区大学野球秋季岐阜リーグ(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第2週最終日は1日、長良川球場で2回戦3試合を行い、中京学院大は岐阜大に12-0、中部学院大は東海学院大に8-0でともに七回コールドで4連勝、朝日大も岐阜協立大に10-2の七回コールドで2連勝とした。

 朝日大は一回に林紘基(大垣日大高出)が先制左前打を放つなど四回まで毎回の8得点。2番手黒木優斗が2回1/3無失点と好救援し初勝利。岐阜協立大は一回に山下翔大(美濃加茂高出)と沼尻崚(大垣日大高出)の適時打で逆転したが投手陣が打ち込まれた。

 中京学院大は1-0の五回に馬場翼のソロなど打者一巡で4得点。七回1死満塁では馬場から3連続適時打を含む7長短打で7点を奪い試合を決めた。増田理人はリーグ戦初先発で7回無失点と好投。岐阜大は五回までの再三の好機を逸した。

 中部学院大は二回に新井勝寛の2ランで先制するなど四回までに5得点。六回は代打鈴村哲(桜丘中出)の2点三塁打などで突き放した。先発津山裕希が5回1安打など3投手で完封リレー。東海学院大は投打ともに及ばなかった。

 第3週第1日は6日午前8時30分から同球場で、岐阜聖徳大-東海学院大、中京学院大-岐阜協立大、朝日大-岐阜大の1回戦3試合を行う。


カテゴリ: スポーツ