ゆったり3列シート高速バス 岐阜バス、全席にカーテン

2019年09月03日 08:43

  • 高速新宿線で導入した新型パピヨン号=羽島郡岐南町平成、岐阜バス岐南営業所 
  • 全列にカーテンを取り入れた新型バスの車内 

 岐阜乗合自動車(岐阜バス、岐阜市九重町、黒川公男社長)は、名鉄岐阜駅と東京・新宿駅南口をつなぐ高速新宿線に新型高速バス「パピヨン号」1台を導入し、2日から運行を始めた。ゆったりとした1人掛けの3列シートで、全席に専用のカーテンを設けた。近年は女性の利用客が増えており、乗り心地を高めて新たな利用客の取り込みを図る。

 車内は、個室のような空間を確保するため、全列にプライベートカーテンを設置した。各席にコンセントとスマートフォン充電用のUSB挿入口を設けた。トイレは温水洗浄便座を初めて導入し、どの席からも利用しやすいよう車内の中央に配置した。

 高速新宿線は小田急シティバスとの共同運行で、新型バスは岐阜バスの運行便が対象になる。座席数は27席で、料金は片道6800円。全席指定。同社のホームページから予約できる。


カテゴリ: 経済

関連記事