飛騨の家具フェス、ショッピングモール再現 4日開幕

2019年09月03日 07:57

「THE MALL」のイメージ図

「THE MALL」のイメージ図

 飛騨産の新作家具を一堂に集める「飛騨の家具フェスティバル」(同実行委員会、飛騨木工連合会主催)が4日、岐阜県高山市千島町の飛騨・世界生活文化センターで開幕する。8日まで。

 日本を代表する匠(たくみ)の技術と洗練されたデザインを発信しようと、毎年開催。今年は「心の豊かさ~こころ豊かに暮らす~」をテーマに、17の企業や団体がブースを設け、椅子やテーブルなど約2500点を展示する。

 メイン展示ブースは、上質な物や人が集まるショッピングモールをイメージした「THE MALL(ザ・モール)」。飛騨の家具で飲食店のダイニングやインテリアショップなどを設け、会場にモールを"出現"させる。

 特別企画として、国産材で作った家具などを募集した「飛騨の家具アワード家具デザインコンテスト」表彰式(4日)や、国内家具メーカーによる「国産材家具サミット」(同)が開かれる。

 飛騨の家具やクラフト作品が抽選で当たるスタンプラリーや、家具などのチャリティーオークション(8日)もある。問い合わせは同連合会事務局、電話0577(32)2100。


カテゴリ: おでかけ