マーゴがリニューアル 23区やABCマート初出店

2019年09月07日 08:27

関市初出店となった婦人服の23区。開店早々から多くの客でにぎわった=同市倉知、マーゴ

関市初出店となった婦人服の23区。開店早々から多くの客でにぎわった=同市倉知、マーゴ

 岐阜県関市倉知のマーゴとイオン関店が6日、リニューアルオープンした。市内初出店の店舗が入ったほか、食品売り場の改装も実施し、顧客の満足度を高める。

 今月に創業25周年を迎えるマーゴでは、婦人服ブランド「オンワード樫山」が展開するショップ「23区」と、靴の全国チェーン「ABCマート」が市内初出店。イオン関店では1階の食品売り場が改装された。家具売り場を縮小することで、その分食品売り場の拡充を図り、取り扱い品も充実させた。

 食品売り場と同じ本館1階では、医薬品や化粧品を扱う売り場を「GlamBeautigue(グラムビューティーク)」として整備。先月、先行整備した暮らしの品を扱う売り場とともに、顧客が利用しやすいレイアウトになった。

 午前9時のオープンから店内は大勢の買い物客でにぎわった。「23区」では、女性客が商品を手に取りながら、品定めをしていた。


カテゴリ: 経済