岐阜バスの運賃、来月から値上げ

2019年09月07日 08:15

 岐阜乗合自動車(岐阜バス、岐阜市九重町)は6日、消費税増税に伴い、来月1日から路線バス運賃を改定すると発表した。均一区間制の運賃は現行の210円から10円増の220円に値上げする。値上げは前回2014年の消費税率引き上げ以来となる。

 国土交通省に値上げを申請し、5日に認可された。値上げ割合を示す平均改定率は1・814%となる。初乗り運賃は160円に据え置く。

 主要区間では、名鉄岐阜・JR岐阜駅-岐阜大学が320円から330円、同駅-高富が510円から520円、同駅-北方バスターミナルが410円から420円にそれぞれ10円値上げ。均一区間制の通勤定期(1カ月)は290円増の9740円になる。一部の高速バス運賃も値上げする。

 詳細は、同社ホームページで近く公開する。


カテゴリ: 経済