人気中古車300台 大垣市でジャンボフェア

2019年09月08日 10:01

軽自動車や普通車など約300台の中古車が並ぶ会場=大垣市鶴見町、平和堂アルプラザ鶴見

軽自動車や普通車など約300台の中古車が並ぶ会場=大垣市鶴見町、平和堂アルプラザ鶴見

 中古車を手頃な値段で販売する「第59回秋の中古車ジャンボフェア」(JU岐阜西濃支部主催)が、大垣市鶴見町の平和堂アルプラザ鶴見の屋上駐車場で始まった。8日まで。

 フェアは春と秋の年2回開催。今回は同支部に加盟する31社が、軽自動車や人気のコンパクトカーを中心とした普通車など約300台を展示、成約者には特典として国内の人気テーマパークのペアチケットが贈られる。

 会場では、スタンプラリー大会や的当てゲームのほか、アイスキャンディーのプレゼントなど多彩な催しもあり、買い物帰りの家族連れらでにぎわった。

 責任者を務める宮内靖人さん(57)は「プロが目利きした良質な車ばかり。買い物のついでに立ち寄ってもらえたら」と話した。

 10月12、13日には関市小屋名のJAめぐみの農産物直売所「とれったひろば」関店の駐車場、高山市匠ケ丘町の特設会場でもフェアが開かれる。


カテゴリ: おでかけ