お土産に最適、美濃和紙の魅力一堂 

2019年09月11日 08:43

◆土産店「番屋」 岐阜県美濃市

 美濃市観光協会の直営店。江戸時代からの商家が並ぶうだつの上がる町並みに店を構え、和紙の里にちなんだ土産品の販売や観光案内を行う。

 1996年にオープン。昔ながらの雰囲気が残る町並みに合わせた茶色を基調にした落ち着いた内装と、地域に精通する元気で明るい店員が観光客を迎え入れる。

 美濃和紙の関連商品=写真=が人気で、便せんセットやあぶらとり紙、紙石けんが売れ筋。2020年東京五輪・パラリンピックの表彰状に採用が決まった美濃手すき和紙や、地元メーカーが製造した美濃機械すき和紙の色とりどりの原紙も購入できる。

 店員の村瀬春代さんは「美濃市を訪れた際は、気軽に立ち寄ってほしい」と話す。

【メモ】▽住所 美濃市加治屋町1959の1▽営業時間 平日・午前9時~午後4時、土日祝日・午前9時~午後5時▽定休日 年末年始▽電話 0575(35)3660


カテゴリ: おでかけ