運動場の照明用電柱倒れる 岐阜市の小学校

2019年09月11日 07:55

根元から折れて倒れた電柱=10日午後7時35分、岐阜市中鶉、鶉小学校

根元から折れて倒れた電柱=10日午後7時35分、岐阜市中鶉、鶉小学校

 岐阜市教育委員会は10日、鶉小学校(同市中鶉)の運動場にある夜間照明用の電柱1本が9日に折れて倒れた、と発表した。1年生が体育の授業を行っていたが、けが人はいなかった。校舎など建物への被害もなかった。

 市教委によると、9日正午ごろ、運動場北側に立つ約13メートル、根元の直径約50センチの電柱が根元付近から折れて倒れた。学校から市教委に連絡があった。電柱は1979年に設置したコンクリート製で、照明機器が付いていた。校内にある照明機器の付いた電柱7本のうちの1本。原因は調査中。電柱の耐用年数は約40年で、内部の鉄筋にさびが見られるという。倒れた弾みで桜の木の枝が折れた。

 市立の小中学校、高校、特別支援学校の全70校には、照明機器の有無にかかわらずコンクリート製の電柱が955本設置されており、市教委は全学校の運動場の使用を中止した。市職員が11日までに緊急点検を行い、安全が確認できた学校から順次使用を再開する。後日、専門家による劣化状況などの調査も行う。


カテゴリ: 社会