レッキー君、レッキーちゃん挙式 七宗町マスコット

2019年09月15日 09:00

 岐阜県加茂郡七宗町のマスコットキャラクター「レッキー君」と「レッキーちゃん」が14日、同町神渕の神渕神社で結婚式を挙げた。「子育てしやすい町」をPRするため町が企画したイベントで、約100人を超える参列者が2体の門出を祝った。夫婦となった2体は、町の子育て世代のモデルとして今後活動する。

 2体は、七宗町で見つかった上麻生礫(れき)岩と同じ約20億年前に生まれた設定で、1996年に日本最古の石博物館(七宗町中麻生)の開館とともに登場。今年3月に島根県津和野町で約25億年前の石が発見され、ライバルの出現に慌てたレッキー君がレッキーちゃんにプロポーズし、この日を迎えた。

 結婚式は、井戸敬二町長らを先頭とする花嫁行列で開始。町内の女性グループが製作した束帯、十二単(ひとえ)の和装姿に身を包んだ2体は、石の発見者の足立守名古屋大特任教授や町民らが見守る中、三三九度の杯や指輪を交わした。井戸町長は「素晴らしい結婚式ができた。夫婦で子育て支援のPRに努めてほしい。赤ちゃんの誕生も願っている」と述べた。

 披露宴は10月27日の「おいでよふる里まつり」会場で行われる。


カテゴリ: くらし・文化 エンタメ 動画