高校生、事前にはさみ準備 関の殺人未遂

2019年09月15日 08:27

 岐阜県関市のドラッグストアのトイレ内で女性がはさみで刺され、県内の公立高校に通う2年生の男子生徒(17)=同市=が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、男子生徒は現場を訪れる前にはさみを準備していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、はさみの入手経路や所持していた理由などを慎重に調べている。同日、同容疑で男子生徒を送検した。

 捜査関係者によると、男子生徒は現場のドラッグストアではさみを購入しておらず、現場に持ち込んだとみられる。はさみは刃体の長さが11.5センチ。犯行後、現場から約1キロ西の交番にはさみを持ったまま出頭した。

 事件は12日午後2時ごろ、関市東新町のドラッグストアで発生。女性(33)が女子トイレの個室から出てきた際、男子生徒にはさみで刺され、頭や首などにけがを負った。2人に面識はないとみられる。


カテゴリ: 事件・事故 社会

関連記事