FC岐阜完敗 岡山に0―2

2019年09月15日 13:23

岡山×岐阜=完敗し、うなだれる岐阜イレブン=シティライトスタジアム

岡山×岐阜=完敗し、うなだれる岐阜イレブン=シティライトスタジアム

 明治安田J2第32節第1日は14日、9試合を行い、FC岐阜はアウェーのシティライトスタジアムで岡山に0―2で完敗。6勝6分け19敗の勝ち点24、最下位のまま。

 MF粟飯原が第19節以来の先発。前半から積極的なプレスで岡山を自由にプレーさせない場面はあったが、徐々に攻勢に転じられ、25分に先制を許した。その後もFW川西を起点にゴール前に攻め上がるもシュートまで持ち込めなかった。

 後半はMF馬場や途中出場のFWジュニオールバホス、FWミシャエルらが決定機をつくるも決めきれないでいると、38分にミドルシュートを決められ万事休す。最後まで攻め手を欠いた。

 北野監督は「最初の失点が響いた。うまくボールを運べる自信はあったが、最後で決めきれなかった。次の試合があるので、下を向いても仕方がない」と振り返った。

 第33節の岐阜は22日、アウェーのケーズデンキスタジアム水戸で4位水戸と戦う。


カテゴリ: FC岐阜