モチモチ米粉餅に黒糖絡めて...名物「三文餅」再現

2019年09月18日 08:36

◆Cafe越前屋 岐阜県中津川市

 旧中山道中津川宿から落合宿に向かって旧街道を行くと、険しい坂道の先に見えてくる築200年以上の建物を改修したカフェ=写真=。江戸時代に旅人らが一息ついた休憩所「立場(たてば)」の地にあり、当時提供された名物を再現した「三文餅(さんもんもち)」(税込み200円)がいち押し。

 当時は「与坂の三文餅」として親しまれ、越前屋の名物だった。文献を手がかりに家主の塚田恵さん(51)ら女性3人で試作を重ね、モチモチの米粉餅に煮詰めた黒糖を絡めた名物を再現し、5月に開店した。こだわりのブレンドコーヒー(同450円)など飲み物を注文すると、追加料金100円で食べられる。

 塚田さんは「馬籠宿に向かう途中の外国人観光客からも人気」と話す。

【メモ】▽中津川市落合1070▽営業時間 午前9時~午後5時▽定休日 木曜日▽電話 080(1572)7593


カテゴリ: おでかけ グルメ