凱旋ライブ美濃「加茂ン」 シンガー・ソングライターの田中さん、新アルバム発売記念

2019年09月19日 08:43

伊藤誠一市長に意気込みを語った田中慈人さん(左)=美濃加茂市役所

伊藤誠一市長に意気込みを語った田中慈人さん(左)=美濃加茂市役所

 関西を拠点に活動する岐阜県美濃加茂市森山町のシンガー・ソングライター田中慈人さん(30)のライブが28日、同市島町の市文化会館で開かれる。同日のミニアルバム発売記念の凱旋(がいせん)ライブとなり、「30歳の節目として積み重ねたものを出し切り、これから先にも活動していけるようなライブにしたい」と意気込む。

 田中さんは元小学校教員という異色のミュージシャン。2015年発売のファーストシングルに収録された「カモン!MINOKAMO!」は盆踊り曲に採用され、今年も市内の夏祭りを盛り上げた。

 新アルバムは「89~終電で帰りたい」「19~中辛だって食べれるし」の2枚を28日に同時発売。平成元年に生まれ、令和元年に30歳となった田中さんが、教員時代も含め多くの子どもたちとの関わりの中から子どもから大人へ、大人から子どもへのメッセージを歌にした。

 普段の音楽活動は弾き語りが中心だが、2年ぶりの凱旋ライブは田中さんのサポートバンドとともにバンドスタイルで繰り広げる。全国各地で「カモン!MINOKAMO!」を披露し、美濃加茂市への関心を持った人たちがライブを聴きに当日訪れるという。田中さんは「美濃加茂のエネルギーを感じてもらえたら」と話す。

 17日に同市役所でライブと新アルバム完成を報告した。激励した伊藤誠一市長は「市の特産物を歌にして若い人たちに伝えてほしい」と活躍に期待を込めた。

 ライブは午後6時開演。一般2500円、高校生以下千円。中学生以下は無料だがチケットが必要(保護者同伴で一般1枚につき2枚まで)。

 問い合わせは田中慈人ライブツアー2019実行委員会、電話0574(27)2748へ。


カテゴリ: おでかけ エンタメ