郡上醤油ラーメンやひだコロッケ...東海北陸道沿線グルメ集結

2019年09月22日 08:47

ご当地グルメのブースが並び、来場者でにぎわう会場=郡上市大和町徳永、市大和庁舎特設会場

ご当地グルメのブースが並び、来場者でにぎわう会場=郡上市大和町徳永、市大和庁舎特設会場

 東海北陸自動車道沿線のご当地グルメが集結する「食の祭典inぎふ郡上2019」(実行委員会主催)が21日、岐阜県郡上市大和町徳永の市大和庁舎特設会場で開幕した。同市と県内外12市町の店舗が自慢の一品を紹介し、大勢の家族連れでにぎわった。22日まで。

 郡上市からは11店舗が出店し、「郡上のネギネギたこ焼き」や「郡上醤油(しょうゆ)ラーメン」のブースに行列ができた。沿線地域からは12店舗がブースを並べ、「ひだコロッケ」(飛騨市)や「キムチ焼きそば」(各務原市)、中部縦貫自動車道沿線の名物「里芋コロッケ」(福井県大野市)などが販売された。来場者は地域色豊かな料理を食べ比べて楽しんだ。


カテゴリ: おでかけ グルメ