臼井3連覇 全日本男子社会人新体操個人総合

2019年09月24日 07:10

 新体操の第27回全日本男子社会人選手権、第4回全日本男子クラブ選手権、マスターズRGレディースの最終日は23日、大垣市総合体育館で行われ、社会人選手権の個人総合で臼井優華(大垣共立銀行OKBク)が3連覇を達成。全日本選手権(10月18日から3日間・千葉ポートアリーナ)への出場を決めた。

 臼井はスティック、リング、ロープ、クラブの全種目トップ記録の68・900点で優勝。同じく社会人選手権に出場した安藤未藍(大垣共立銀行OKBク)も3位に入り、全日本選手権への出場権を獲得した。

 全日本クラブ選手権では、クラブ対抗のユースと、団体選手権と総合選手権のジュニアが優勝するなど、大垣共立銀行OKBク勢が計5部門で入賞した。


カテゴリ: スポーツ

関連記事