モチモチ団子、豊かな香り

2019年10月02日 09:11

◆だんご屋「ゆたか」 白川村

 「白川村産の米を使った自家製団子を村の名物にしたい」との思いで、店長の清水健吾さん(52)が今年7月、世界遺産の白川郷で店を開き、外国人も多く訪れる。

 ご飯にしてもおいしく食べられるコシヒカリを農家から仕入れ、自家製粉する。米粉のうまみを生かした団子は、モチモチした食感と豊かな香りが特徴。

 「ゆたかだんご」は朴葉(ほおば)みそ、あんこ、黒蜜きなこの3種類=写真=(いずれも税込み130円)。朴葉みそはバーナーであぶって香ばしく提供。あんこはさっぱりした味付け。「みたらし団子」は甘口と辛口(同100円)の2種類。

 妻(40)とおしどり夫婦で店に立ち、笑い声が絶えない。

【メモ】▽住所 大野郡白川村荻町887の1▽営業時間 午前9時~午後4時30分▽不定休▽電話 05769(6)1114


カテゴリ: おでかけ グルメ