馬術、小栗(帝京大可児高)準V いきいき茨城ゆめ国体2019

2019年10月02日 07:31

  • 馬術少年二段階障害飛越=準優勝した小栗麻莉乃とマリアンモナーク=水戸農高特設競技場 
  • 2年ぶりの準優勝を果たしたゴルフの成年男子=大洗GC 
  • 7年ぶりの入賞を果たしたゴルフ女子=宍戸ヒルズCC 
  • 少年男子グレコローマンスタイル80キロ級準決勝=ポイントを奪おうと懸命に攻める谷崎大造=アダストリアみとアリーナ 

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」第4日は1日、水戸農高特設馬術競技場などで17競技を行い、馬術の少年二段階障害飛越で一昨年、同種目で県勢初優勝を果たした小栗麻莉乃(帝京大可児高)と、ゴルフ成年男子(若原亮太、新井隆一、冨田幸暉)がトータル435で回り、準優勝を果たした。

 トータル434のゴルフ女子(長谷川せら、神谷そら、田中こころ)と、レスリング少年男子グレコローマンスタイル80キロ級の谷崎大造(岐南工高)は3位入賞した。競技別天皇杯でゴルフは3位、レスリングが8位入賞。

 バドミントン成年女子のアメリカンベイプ岐阜は石川に準々決勝で0-2で敗退。ホッケー成年男子の岐阜朝日クBDも準々決勝で栃木に0-1で敗れ、ともに5位入賞。自転車の男子4000メートル団体追い抜きも5位だった。

 ホッケーは、準決勝で成年女子ソニーHCは奈良に2-1、少年女子岐阜各務野高は全国高校総体決勝で敗れた石動高(富山)に1-0でそれぞれ競り勝ち、決勝進出を決めた。卓球成年女子の十六銀行は準々決勝で千葉に3-0で快勝、準決勝に駒を進めた。

 特別競技・高校野球軟式は中京学院大中京があべの翔学(大阪)に6-0で、3試合連続完封勝ち。3年連続の選手権との2冠に王手をかけた。


カテゴリ: スポーツ