県都に華、天下一品 ぎふ信長まつり

2019年10月06日 08:16

沿道の人々を楽しませたパレード=5日午後1時20分、岐阜市金町

沿道の人々を楽しませたパレード=5日午後1時20分、岐阜市金町

 第63回ぎふ信長まつりが5日、岐阜市中心市街地で開幕した。市民ら約1700人が出演したパレードなどが県都の秋を盛り上げ、多くの家族連れでにぎわった。6日まで。

 金華橋通りでは、地元の園児や児童らによる音楽隊パレードや、各種団体が練り歩く市民勝手カーニバルがあり、計27団体が吹奏楽やダンスなどを披露。若宮町歩行者天国など各所で飲食物や特産品の販売、フリーマーケットがあった。JR岐阜駅北口の信長ゆめ広場では、6日のメイン行事である信長公騎馬武者行列のキャストがお披露目された。

 主催の実行委員会によると、初日の人出は昨年より1万人多い9万人だった。

 6日の騎馬武者行列は、来年放映の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」にちなみ、主人公の明智光秀役を初めて配置。過去の大河ドラマで光秀役を務めたマイケル富岡さんが演じる。午後0時30分にJR岐阜駅南を出発、岐阜市役所に向かう。同3時15分から若宮町歩行者天国でトークショーを行う。


カテゴリ: おでかけ エンタメ