「エアーかおる」浅野撚糸、初の直営店

2019年10月11日 08:41

  • 色とりどりの高吸水性タオルが並ぶ直営ショップ「エアーかおる本丸」=安八郡安八町中、浅野撚糸 
  • 新たに建設した直営ショップ「エアーかおる本丸」=安八郡安八町中、浅野撚糸 

 高吸水性タオル「エアーかおる」を販売する浅野撚糸(岐阜県安八郡安八町中、浅野雅己社長)は、本社西隣に同社初の直営ショップ「エアーかおる本丸」を建設し、16日にオープンさせる。アウトレット品販売コーナーも常設。隣地では日本庭園のある古民家をリノベーションして公開する。総事業費は約2億2千万円。浅野社長は「工場見学、ショップ、古民家という3本柱で観光スポットとして名乗りを上げたい」と語る。

 本社は名神高速道路安八スマートインターチェンジ(IC)から約500メートルとアクセスが良く、観光客による工場見学、企業や商工団体、学校による視察も増えている。年2回のアウトレットセールには1日3千人以上来場していることもあり、同IC開通と今年の会社設立50周年を機に直営ショップ建設を決めた。

 ショップは木造2階建て延べ約300平方メートル。1階部分の約200平方メートルを店舗、2階は来場者のおもてなしスペースとして活用する。店舗ではさまざまな種類、色、サイズのエアーかおるを提供。イタリアの高級スニーカーブランド「アトランティックスターズ」の正規販売店も兼ねる。

 エアーかおるのアウトレット品販売コーナーは本社建物の一角に設置。最大で約7割値引きし、来場需要を喚起する。古民家は日本らしさを求めるインバウンド(訪日外国人客)の需要に応える狙いで、来年3月をめどに整備を完了する。

 ショップの営業時間は午前10時~午後7時。定休日は日曜祝日と月曜。

 同社は糸の間に空気の層をつくる独自技術で吸水性の高い撚糸「スーパーゼロ」を開発。その糸を織り込んだタオル「エアーかおる」を国内外で販売している。2007年に発売し今年9月末に累計販売800万枚を突破した。


カテゴリ: 経済