好調ミシャエル「結果出す」 FC岐阜あすアウェー山形戦

2019年10月12日 11:25

3試合連続ゴールに期待が懸かるFWミシャエル=県フットボールセンター

3試合連続ゴールに期待が懸かるFWミシャエル=県フットボールセンター

 J2・22位の岐阜は第36節の13日、アウェーのNDソフトスタジアム山形で4位山形と戦う。5試合勝利は無いが、2試合連続で最少失点で引き分け、勝ち点1を得ているだけに、粘りが光る守備を攻撃に生かして、勝ち点を奪いたい。

 前節山口戦は試合終了間際に追いつかれて勝ち点3を逃した。今週のミーティングで「残り時間をどのように使い守り切るか、もう一度、意思統一させた」と北野監督。さらに「守備は理解力が増してきた」と手応えを口にする一方で「ボールをすぐに奪い返されては、意味が無い。攻撃でもよりミスを少なくしたい」と求める。

 山形は、岐阜から今季途中に移籍したFW山岸ら個の能力の高い選手がそろう。シンプルな攻撃は迫力があり、J2では2位の29失点と守備も堅く、2試合連続得点中のFWミシャエルは「難しい試合になると思うが、まずは前線からのプレスで流れをつくりたい」と語気を強める。2トップでコンビを組むMF中島も「パスコースを切って、連動した攻撃を展開したい」と見据える。

 勝ち点1では、満足できる状況では無くなってきた。「勝ち点3が何よりも必要。チャンスをもらっている以上、結果を出したい」とミシャエル。厳しい相手だが、残留に望みをつなげる試合としたい。


カテゴリ: FC岐阜