お気に入りの器見つけて たじみ茶碗まつり盛況

2019年10月14日 07:59

廉売市でお気に入りの茶わんを探す来場者=多治見市旭ケ丘、多治見美濃焼卸センター

廉売市でお気に入りの茶わんを探す来場者=多治見市旭ケ丘、多治見美濃焼卸センター

 陶都・岐阜県多治見市の秋の風物詩「第42回たじみ茶碗(わん)まつり」が、同市旭ケ丘の多治見美濃焼卸センターで開幕した。台風一過の晴天の下、廉売市は陶磁器を求める大勢の買い物客でにぎわっている。14日まで。

 まつりは同センター協同組合主催。廉売市には組合に加盟する陶磁器卸商社37社のほか、クラフト作家らが構える約70ブースが長さ200メートルのメイン通りに並び、半額セールや200円均一といったサービスを展開。廉売市で使える5千円分の「プレミアムお買い物券」を4千円で販売しており、大勢の買い物客が品定めしていた。

 焼きそばや五平餅、ラーメンといったグルメを売る屋台もずらりと並ぶ。14日も、地元高齢者でつくるヒップホップダンスチーム「TGK48」のステージなど多彩な催しを行う。プレミアムお買い物券の販売は午前8時30分から。同組合は2日間で20万人の来場を見込んでいる。


カテゴリ: おでかけ