松本零士さんとコラボ酒 ラベルに光秀イラスト

2019年10月18日 08:38

渡辺酒造店が発売した明智光秀ラベルの純米吟醸酒=飛騨市古川町壱之町、渡辺酒造店

渡辺酒造店が発売した明智光秀ラベルの純米吟醸酒=飛騨市古川町壱之町、渡辺酒造店

 創業149年の造り酒屋「渡辺酒造店」(飛騨市古川町壱之町)は17日、ラベルなどに戦国武将・明智光秀のイラストをデザインした純米吟醸酒を発売した。光秀が主役を務める来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放映効果による需要を見込む。

 ラベルの光秀は「銀河鉄道999」などで知られる漫画家松本零士氏の最新作「戦国のアルカディア」に登場するキャラクターを反映させた。目深にかぶった桔梗(ききょう)紋の兜(かぶと)からのぞく鋭い眼光が印象的。47都道府県ゆかりの武将や姫を地酒のラベルに描く同作品の事業「名将銘酒47撰」の一環で選ばれ商品化が実現した。

 同店は飛騨産の酒米「ひだほまれ」で仕込む看板銘柄「蓬莱」の純米吟醸酒を光秀の日本酒に選んだ。渡邉久憲社長は「光秀の名に恥じない味わいになっている。大河ドラマをきっかけに県内の銘酒にも注目が集まれば」と話している。

 720ミリリットル入りで1800円(税抜き)。問い合わせは同店、電話0577(73)2347。


カテゴリ: グルメ 経済