県関係3人指名 プロ野球ドラフト 

2019年10月18日 07:30

  • 中日から2位指名を受け、胴上げされる大商大・橋本侑樹投手=大阪府東大阪市 
  • 阪神から5位指名を受けた中京学院大中京高の藤田健斗=同高 

 岐阜県関係では育成を含む3人が指名された。最上位は、関西六大学リーグで9人目のノーヒットノーランを達成した中日2位の左腕・橋本侑樹投手(大商大、大垣日大高出)。今夏の甲子園で4強入りした藤田健斗捕手(中京学院大中京高)は阪神5位、独立リーグ・ルートインBCリーグ武蔵の加藤壮太外野手(中京学院大中京高出)は巨人育成2位指名を受けた。

◆橋本「1年目から活躍」 竜2位、速球左腕

 大商大の2投手が指名を受けた。中日2位の橋本侑樹は「高校が大垣日大だったこともあって、プロの試合なら中日を見ていた。何かあるのかなと思った」と縁を感じた様子だった。

 最速149キロの直球などを武器に、関西六大学秋季リーグの京産大戦で無安打無得点試合を達成したサウスポーは「1年目から活躍して、橋本が投げたら勝てるという選手になりたい」と抱負を語った。

 ヤクルト4位の大西広樹は、秋季リーグの最優秀選手と最優秀投手に輝いた右の本格派。「しっかり1軍で投げられるように、一日一日を大切にしたい」と話した。

◆大投手になれる

 中日2位・橋本侑樹投手(大商大)の恩師・阪口慶三大垣日大高監督 高校時代から練習の虫で、彼ほど努力家の選手は見たことがない。プロの世界でもその姿勢を忘れなければ必ず大投手になれる。決め球をもう一つ覚え、ぜひ先発投手として活躍してほしい。

◆藤田、憧れの舞台へ 阪神5位「最高のプレーを」

 今夏の全国選手権で学校初の4強入りを果たし"逆転の中京"の名を全国にとどろかせた中京学院大中京高の主将で4番捕手の藤田健斗が、再び聖地・甲子園から新たな野球人生をスタートさせる。

 阪神から5位指名を受け「ほっとしたと同時にすごく身が引き締まる」と喜びをかみしめた藤田。野球を始めた頃からの憧れの舞台でもある甲子園でのプレーを思い描きながら、「野球人として誰もが憧れる場所で最高のプレーをしたい」と力強く活躍を誓った。

 阪神は、1位指名した西純矢(創志学園高)をはじめ、甲子園3回戦で戦った東海大相模高の遠藤成ら同じ高校生5人を指名。今後は仲間としてともに戦うこととなるが「自分は実力も一番下。まずはプロで戦える体をつくらないと」と、気を引き締め直す。

 17歳最後の日に夢をかなえ、「あすから気持ちも新たにまた練習したい」と、18歳で飛び込むプロの世界をまぶしいまなざしで見据える藤田。「一日でも早く1軍で活躍したい」。宣言した"打って守れる捕手"へ向けてはここからが本当の勝負だ。

◆加藤(中京院中京高出)巨人育成2位

 巨人育成2位・加藤壮太外野手(BCリーグ武蔵)の恩師・橋本哲也中京学院大中京高監督 非常に身体能力の高い選手なので、まずは育成から支配下へはい上がってほしい。足もあるので、魅力的な選手に育っていってほしい。


カテゴリ: スポーツ 高校野球