ダンスや演奏で若さ発散 高山市で「ひだ!高校生フェス」

2019年10月20日 08:54

  • ダンスを見物する来場者 
  • バンド演奏を披露する高校生 
  • 思い思いの夢を書く来場者=いずれも高山市昭和町 

 飛騨地域の高校生でつくる「ひだ!高校生会議実行委員会」が、岐阜県高山市昭和町のJR高山駅西側の広場で野外イベント「ひだ!高校生フェス」を開いた。生徒たちが輝き、大人と交流できる場にするのが狙いで、開催は初めて。

 昨年発足した実行委には、現在3校の有志8人が所属する。「こんなことがしたい」「あんなものがあるといい」といった生徒それぞれの思いを発信してもらおうと、昨年と今年に2回会議を開催。延べ80人の高校生が加わり、どんな場所やイベントがあったらいいかを話し合い、意見を踏まえイベントの実現に踏み切った。

 当日は約300人が訪れ、高校生らによるバンド演奏やバルーンアート、ダンスのほか、高山市を舞台にした映画「きみとみる風景」を楽しんだ。会場には、来場者が自身の夢をつづるコーナーもあった。

 実行委委員長の斐太高2年の生徒(17)は「人が集まれば、にぎやかになり活性化につながる。高校生と大人が、互いの知らない世界や考え方を分かり合ってもらいたい」と思いを語った。


カテゴリ: エンタメ