即位礼の気品漂う最高級酒「弥栄」 予約制で30日発売

2019年10月25日 09:04

天皇陛下の即位を記念する蒲酒造場の最高級酒「弥栄」=飛騨市古川町壱之町、同酒造場

天皇陛下の即位を記念する蒲酒造場の最高級酒「弥栄」=飛騨市古川町壱之町、同酒造場

 老舗造り酒屋の蒲酒造場(岐阜県飛騨市古川町壱之町)は、天皇陛下の即位を記念し、30日に最高級酒「弥栄(いやさか)」を発売する。限定200本で完全予約制。

 銘の弥栄は、繁栄を神々に祈る祝いの言葉。新元号の墨書「令和」をきごうした飛騨市出身の書家・茂住修身(雅号菁邨(せいそん))氏が命名し、ラベルの字でも筆をとった。

 同社は即位を記念する酒を用意しようと、今春に手作業の「袋しぼり」で仕上げた最高級品のうち、特に良質で雑味の少ないものを選んで保存していた。酒の熟成を待ち、22日に営まれた「即位礼正殿(せいでん)の儀」に合わせ発売を決めた。

 蒲敦子社長は「即位礼の厳かなまでの気品を壊さない、高貴な一品に仕上がった」と語った。

 同酒は720ミリリットル入りで1万円。予約は同酒造場、電話0577(73)3333。


カテゴリ: グルメ