峠はカラフル せせらぎ街道

2019年11月02日 07:42

紅葉した木々を眺める観光客ら=高山市清見町楢谷、こもれび広場

紅葉した木々を眺める観光客ら=高山市清見町楢谷、こもれび広場

 「飛騨美濃せせらぎ街道」の最高点に当たる岐阜県高山市清見町の西ウレ峠(1113メートル)付近の紅葉が見頃を迎えている。

 せせらぎ街道は郡上市八幡町と清見町を結ぶ国道と県道からなり、ミズナラやブナの林を通る。標高差が約500メートルあることから、里に下りていく紅葉の変化を楽しむことができる。今年は秋になっても陽気が続き、色づきが数日遅れた。西ウレ峠南のこもれび広場ではカエデ類が赤く染まり、訪れた観光客やライダーを楽しませている。

 ひだ清見観光協会によると、紅葉は1日現在、道の駅「パスカル清見」(809メートル)で八分、大倉滝入り口(780メートル)で五分。「これから一日一日ぐっと進んでいく」と鈴村仁孝事務局長(55)。標高の低い所は、来週末ごろ見頃を迎えるという。


カテゴリ: おでかけ 写真ニュース