高山西V、初の全国 全国高校男子バスケ県予選  

2019年11月04日 13:03

高山西×美濃加茂=試合終了後、初優勝を果たし喜び合う高山西の選手たち=せきしんふれ愛アリーナ

高山西×美濃加茂=試合終了後、初優勝を果たし喜び合う高山西の選手たち=せきしんふれ愛アリーナ

 バスケットボールの第47回県高校選手権兼第72回全国高校選手権(ウインターカップ)県予選最終日は3日、せきしんふれ愛アリーナで男女決勝と女子優勝決定戦などを行った。男子は高山西が初、女子は県岐阜商が5年連続5度目のウインターカップ(12月23~29日・武蔵野の森スポーツプラザ)出場を決めた。女子では、全国総体2位で推薦によるウインターカップ出場を決めている岐阜女が、県選手権優勝決定戦で県岐阜商を下し、28年連続29度目の頂点に立った。

 男子決勝で高山西は美濃加茂と対戦。序盤から激しいディフェンスで流れをつかんだ。第4クオーターで9点差を付けられたが、センターのシソコ・ドラマネを中心にインサイドを攻めきり54―53で逆転勝ちした。

 女子決勝で県岐阜商は岐阜農林と戦い、序盤から素早いプレスと、イン、アウト双方を使った攻撃で圧倒し、93―45で大勝した。

 優勝決定戦では岐阜女が県岐阜商に103―30で快勝。終盤まで手をゆるめず、攻め続けた。

 ウインターカップの組み合わせは今月13日に発表される。


カテゴリ: スポーツ

関連記事