女子、県岐阜商初V 県高校駅伝 

2019年11月04日 13:11

  • 右手を高々と突き上げ、笑顔で初優勝のゴールテープを切る女子県岐阜商の加藤愛=県庁前 
  • 各校のエースが集まる1区で、区間記録まで4秒に迫る快走で12連覇に大きく貢献した男子中京学院大中京の中洞(中央) 

 第70回男子・第31回女子県高校駅伝は3日、県庁前を発着点とするコース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で行われ、男子は中京学院大中京が12年連続39度目、女子は県岐阜商が初優勝を果たし、"都大路"切符をつかんだ。

 中京は、1区のエース中洞将が区間記録に迫る快走で、2位に33秒差を付けた。3区熊谷澪、5区伊藤玄も区間賞の走りで、最後まで一度もトップを譲らず逃げ切った。

 県岐阜商は、1区の加藤若葉が4位で食らいつくと、1位と32秒差の4位でたすきを受けたアンカーの5区加藤愛結が残り約2キロで首位に立ち、ゴールテープを切った。

 男女の優勝校は、全国高校駅伝(12月22日・京都市)に出場。男女とも上位6校が東海高校駅伝(11月24日・静岡県袋井市)に出場する。


カテゴリ: スポーツ

関連記事